Health is Happy & Health is Wealth

再生医療

再生医療とは

再生医療とは、病気やケガで失われた機能を再生するために細胞や組織を移植するような医療技術の総称として使われる言葉です。再生医療が意味する範囲は非常に広く、古くは臓器移植や骨髄移植、最近ではiPS細胞から作られた網膜色素上皮細胞の移植などに対して広く用いられています。

中には特に注目されているのは「細胞の力」を使って失った機能を取り戻す医療です。人間には、もともと「再生する力」があります。再生医療とは、ケガや病気に対し、いわゆる“化合物”である薬でケガや病気を治療するのではなく、人のからだの「再生する力」を利用して、そのケガや病気によって失われた機能を元どおりに戻すことを目指す医療のことです。

日本の再生医療

日本においては、再生医療に関する基礎研究レベルは世界屈指であり、最近の幹細胞学、細胞移植技術や培養関連技術の進歩によって再生医療は臨床応用の段階に至っており、さらに2012年山中伸弥先生のiPS細胞に対するノーベル賞受賞は日本の再生医療への注目と期待がより一層拍車を掛けています。

このような背景の中、日本政府は2014年より世界で最も革新的最も有利な再生医療関連の法制化を進めました。これらの法制度を基盤に、世界の再生医療先進国として、日本は再生医療分野において、さらなる期待と注目を世界から集まることになっています。

JCMの厳選メニュー

JCM株式会社はお客様の立場に立ち、花咲く日本再生医療の数多く病院及びサービス内容の中、厳選されたメニューをお客様にご提案させていただいております。

それぞれのサービズを実施していただく病院は全て日本の法律に基づき経営し、技術的に日本の中でも高いレベルに位置してあります。

幹細胞療法

私達は皆自分達の身体の中に、皮膚や血液のように一つ一つの細胞の寿命が短く、絶えず入れ替わり続ける組織を保つために失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞を持っています。こうした能力を持つ細胞は「幹細胞」です。この幹細胞の中で脂肪や骨髄に含まれる間葉系幹細胞は、骨・筋肉・血管などに分化することが知られており、この骨髄、脂肪由来の幹細胞を分離、培養して、体に戻すことで病気・怪我などを治療する方法は幹細胞療法です。

詳細につきましては、直接お問い合わせ下さい。

NK細胞免疫療法

NK細胞はNatural Killer細胞の略称で、1970年代に発見されたリンパ球の一種である免疫細胞です。がん細胞やウイルスに感染した細胞などの異常な細胞を見つけ次第、攻撃します。リンパ球の10~30%を占め、自分以外の細胞を殺してしまうほどの高い攻撃力を持つ細胞です。このNK細胞を患者さんから少量の血液から採取し、生化学的な培養技術で増殖・活性化し、約2週間無菌状態で攻撃力を強めてから再び静脈から患者さんの体内に戻すのが「NK細胞免疫療法」です。NK細胞免疫療法は、血液中にあるNK細胞を使用したがん治療法で、採血して点滴を行うだけの簡単な治療です。副作用が少なく、ほとんどのがん患者さんへ適用可能で、安心・安全な治療と予防法です。

詳細につきましては、直接お問い合わせ下さい。

血液浄化療法

血液浄化療法は血液から不要、あるいは有毒な物質を体外循環を通して除去する治療方法で、透析・ろ過・吸着・分離などの方法があります。最も広く行われている血液浄化療法は慢性腎不全患者さんに対する血液透析療法です。JCMでご提案させていただく血液浄化療法は30年以上大学病院で行われてきた高度技術を予防医療として、心筋梗塞や脳梗塞などの最大原因「血管老化」を積極的に改善できる治療法です。病因物質(悪玉コレステロールや中性脂肪、ウィルスなど)また凝固因子や炎症物質を血液から直接除去することによって、血管内皮機能の改善また血栓やプラークの予防が期待できる予防的医療方法です。

詳細につきましては、直接お問い合わせ下さい。

 

お気軽にお問い合わせ下さい TEL :080-7108-1818

中国語はこちらへ

WechatID:jcmmedical

PAGETOP
Copyright © JCM株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.